名古屋在住者がスキーツアーに参加するなら何処に行ったらいい?

名古屋と長野は高速道路でつながっている

長野県内には北・中央・南アルプスをはじめとするたくさんの山脈がそびえたっています。そして各山の斜面には大規模なスキー場があり、日本国内におけるスキー場のメッカとして有名です。東海地方最大の都市である名古屋は、そんな長野県と中央自動車道でつながっており、高速道路を利用すると短時間で各地のスキー場にアクセスできます。

近場のおすすめスキー場

名古屋に住んでいる人が日帰りスキーツアーで現地に長く滞在したい場合は近場のスキー場がおすすめです。近場で一番おすすめであるのは長野県の西端に位置する阿智村のスキー場で、園原インターのすぐそばにあるため名古屋を出発してからわずか90分で到着します。こちらのスキー場は駐車場の標高は1000m未満で降雪量はそんなに多くありません。しかし、ロープウェイに乗った先にある標高1500m前後のゲレンデでは厳冬期であれば天然雪の上を滑走する事が可能です。また、西から東に向けて滑る形になり、南アルプス連峰を一望しながら滑れるのも魅力と言えます。

前日夜出発のツアーなら遠方に行ける

朝出発の日帰りツアーは行ける場所に限りがありますが、前日の夜遅くに出発するタイプの日帰りツアーであれば長野県の北部に向かう事も可能です。そのうち、白馬岳方面は高速道路が通っていないため時間がかかりますが、長野市方面は高速道路が通っていますので、遠くに行くなら長野市方面のスキー場を推奨します。一番おすすめであるのは豊田飯田インターの北西部に位置する斑尾山斜面のスキー場で、こちらは雪質の良いため外国人スキーヤーからの注目度も急上昇中です。前日夜遅くに出発したバスは早朝に到着し、午後3時頃まで滞在できます。

スキーツアーはレンタル特典が大変魅力的になっており、最も安い場合は無料でスキーセット・スキーウェアが借りられる旅行商品もあります。